機械式時計はどんなメンテナンスが必要?

機械式時計には、ケースやベルト、ムーブメントなど様々なパーツがあるので、それぞれに合わせてメンテナンスをする必要があります。まずケースですが、ケースには風防と呼ばれるアクリルやガラスで出来た覆いが付けられています。風防は時計の顔になる部分なので、日頃からしっかりお手入れをして綺麗な状態を保っておきましょう。ガラスでできた風防は、固い布で拭いてしまうと傷が付く可能性があるので、柔らかい素材のものを使用しましょう。化学繊維のメガネ拭きなどがおすすめです。ガラス面が曇っていたり、ホコリが付いていたりする場合は、軽く拭き取ってあげましょう。ただし、基本的に水拭きは現金です。ケースの中に水が入り込み、パーツが錆びてしまう可能性があるので注意しましょう。

もし外出先から帰ってきた時、汗で風防が濡れている時は必ず拭き取ってから保管してください。細かい傷があり、乾拭きでは綺麗にならない場合は、歯磨き粉を使って磨くと綺麗になる場合があります。ただし、風防の素材によっては使用できない場合があるので、事前に素材を確認しておきましょう。ベルトは金属製か革製かによってメンテナンス法が変わります。金属製のベルトはまず本体から取り外し、中性洗剤を使用して綺麗にクリーニングしましょう。

眼鏡を洗浄するような、超音波洗浄器でクリーニングしても綺麗になります。擦り傷が目立つ場合は、コンパウンドを使って磨けば綺麗になることがありますが、深い傷は素人では対処が難しいのでプロにメンテナンスをお願いしましょう。革製のベルトは革靴と同じメンテナンス法と考えて問題ありません。乾燥しないように気をつけ、定期的にクリームを塗って保湿してあげると長持ちします。ムーブメントですが、分解して中を綺麗にする必要がありますが、素人ができる作業ではないので無理せず専門家に依頼しましょう。

機械式時計はどのように保管すればよい?

保管方法ですが、まず重要になるのが保管前にしっかり汗や汚れを落としておくことが大切です。汚れがついたまま保管すると、錆びやカビの原因になるので注意しましょう。保管場所は家電製品やテレビなど磁気を発生する機械の近くには置かないこと、高温多湿な場所は避ける、直射日光が当たらないようにする、これらのポイントに気をつけて保管してください。機械式時計は長期間使わないと潤滑油が固まってしまうことがあるので、できれば自動でゼンマイを巻き上げてくれるウォッチワインダーを使用して保管するのがベストです。

グランドセイコーは圧倒的防水性能な他、どんな点に置いても国内最高レベルであり、スタイリッシュでスーツに映えるデザインの時計です。